社会復帰に向けて

高卒ニートを脱出するには

高校を卒業してからいったん就職はしたものの、厳しい労働環境に耐えかねて離職してしまう人は非常に多いです。そのあとすぐに転職先が見つかれば、まだ救いがあります。しかし、いかんせん現状の環境から、それが難しい場合もあります。高卒ニートになってしまう人の中で、最初から「まったく働く気はなかった」というのは少数派です。労働意欲を裏切られ続け、精神的に疲れ果ててしまったという人もいます。そして、そんな苦しい状況や心境は家族や社会から理解されにくいため、ますます自分の世界に閉じこもってしまいがちになるのです。そのような高卒ニートという状況を変えるためには、少しずつ努力する他ありません。他人とコミュニケーションが苦手であれば、まずはスーパーの品出しや検品業務・あるいは警備員のアルバイトにチャレンジしてみるのがよいでしょう。そこで大切なのは「稼いだ給料を使って思いっきり楽しむ」ということです。最初は貯金することを考えるよりも、「お金を稼いでやりたいことを見つける」のに専念するのをおすすめします。ニート生活が長ければ長いほど、基本的に物欲などのあらゆる欲求は消えていきます。欲求をセーブし、消していかざるをえない「我慢」を覚えてしまうからです。その我慢というのは、働いていく上で好ましくはありません。そのため、まずはなるべく欲求を解放してあげることです。そうすることで、働いて手に入れたお金で自由に楽しむという幸せな感覚を取り戻すことができるでしょう。